「カミツキガメ捕獲作戦」失敗!?ライギョやアカミミガメうじゃうじゃ―静岡の遊水池

印刷

   凶暴な外来種カミツキガメの捕獲作戦がきのう21日(2015年6月)、静岡・静岡市の遊水地で行われた。目撃情報がつづき、今月5日には御前崎市の通学路を歩いていた体長70センチの大物も捕まった。攻撃的な性格で、ナイフのような鋭い歯で人の指を食いちぎることもあるという。120個のカゴを仕掛けたが、思わぬ結果になった。

大きくなったら放棄!無責任飼い主こそ捕獲せよ

   遊水地は静岡市の中心部から5キロ、病院や小学校も近い。東京ドーム42個分の面積があり、これまで40件のカミツキガメ目撃情報が寄せられた。

飼い主に問題

   住民ら40人が参加して池のあちこちに置いたカゴを引き上げると、入っていたのはライギョやアカミミガメなどだ。アカミミガメはペットショップで「ミドリガメ」として売られ、これも人にかみつきけがをさせる可能性があるが、カミツキガメは見つからなかった。

   静岡大学教育学部の加藤英明講師は「アカミミガメがこんなに捕まるのは想定外ですが、多くの外来種がいるとわかりました。日本の生き物が追いやられます」と指摘した。

   司会の加藤浩次「実際に目撃情報がありますから、子どもたちがかまれる危険性がありますよね」

   長沼毅(生物学者)「触ると病原菌も考えられます。農産物など産業活動に影響し、生態系以上の怖いことがあります」

   加藤浩次「かわいいと思って買って、大きくなって捨ててしまう飼い主がこういう問題を招いています」

   無責任な飼い主の捕獲作戦も必要だ。

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中