あざとく盛り上げ視聴率稼ぎ・・・米国名物番組そこまでやるか!Tシャツで観客つって大騒ぎ

印刷

   朝の6時半だというのに、アメリカ・ニューヨークのセントラルパークに続々と人が集まってくる。abc放送の朝の人気ご長寿番組「グッド・モーニング・アメリカ」での無料公開LIVEに歌手アダム・ランバートが出演するとあって、全米各地からやってきたファンたちだ。

   筆者も留学中の女性ディレクターと落ち合って、冷やかし半分でやってきた。アメリカのテレビ番組の公開放送の現場を見るのは初めてというマスコミ女二人の関心は、ステージ上のスタッフの動きだ。日本ではフロアーディレクターが観客に拍手の練習をさせ、携帯電話の電源オフ、撮影禁止といったご注意を告げる。

   ところが、アメリカでは「つぶやけ、つぶやけ」とスタッフが観客をあおり、観客のつぶやきをステージ上で紹介し、もっと拡散しろとたきつける。日本でもSNSによる拡散が重要視されてきたけれど、さすがに放送現場でSNSに投稿、スマホでの撮影はご法度である。アメリカではどうぞご勝手にと逆に利用している。

引っ張っるだけ引っ張っる番組進行

   アメリカの番組で観客がノッリノリ状態になっているのを見たことはないだろうか。実はスタッフが大きなプラカードにメッセージを書いている客を見つけてはステージに上げ、全員でほめる。父の日のメッセージを書いていた姉妹2人は、ステージ上で父親の携帯番号を聞かれ、スタッフが電話する。そして「今からみんなが一番気になっていることを聞くよ。いま何を着てるの」と質問する。「パジャマさ」と父親が答えると観客は大爆笑だ。

   だんだんヒートアップしてきた会場で、極め付けはもっとも大騒ぎしてくれた観客にTシャツをあげるというもの。するとこれまた観客は騒ぐ。その様子を番組の途中にはさんでいくのだ。もちろんスタッフは映らない位置にいるので、テレビを見ている人はTシャツ欲しさに大騒ぎをしているとはまったく気づかず、LIVEを前に盛り上がっているように見える。あざといといえばあざといが、友人と思わず苦笑した。

目玉の人気歌手LIVEも1曲ごとにCM

   さて、番組は午前7時から9時の生放送で、目玉の無料公開ライブは番組後半になるらしい。7時20分ごろにスタジオから中継先のリポーターを結んだあとは、Tシャツにつられる観客を2、3度映しながら、放送では「このあとはセントラルパークから特別ライブをお届け!カミングスーン」なんて引っ張っているのだろう。

   ライブ会場ではその間にアダム・ランバートが登場してサウンドチェックなんかしている。朝っぱらからセクシー度満開のパフォーマンスに筆者たちもニヤニヤしっぱなしである。

   引っ張って引っ張って、ようやく8時半に生演奏の中継が始まり、数曲続けて演奏するのかと思ったら、1曲ごとにスタジオからCMを挟むらしい。「2分後再開」とスタッフが叫び2曲目を演奏する。露骨な盛り上げにこれまた露骨に引っ張る視聴率稼ぎはいっそ気持ちいいほどだ。そして、スタジオにいた(おそらく)出演者一同が特別ステージへと移動してきて、9時前に放送は終了した。

   このあからさまな盛り上げ方と数字稼ぎ、やってみない手はないかも。ただし、日本では観客がそこまでノリノリになるかは微妙だけれど。

モジョっこ

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中