鈴木亮平「『天皇の料理番』で秋山周太郎という人物に寄り添えて幸せでした」

印刷

   俳優の鈴木亮平(32)は6月21日(2015年)、ドラマ「天皇の料理番」(TBS系)の主人公の兄・秋山周太郎役についてブログに書いている。

「この半年間、秋山周太郎という人間に寄り添えて、僕は本当に幸せ者でした。人の生き方について、深く深く考えるきっかけになりました」

   重みのあるセリフに不安があったといい、

「同時に不安になるほどのセリフに出会えるなんて、なんて幸運なのだろうと思いました」

と書いた。

   撮影を支えてくれた人たちに感謝を述べ、役作りのために体重を落としたことについて

「体のことで心配をかけてしまったこともあったかもしれません。でも『夢』と『命』というテーマを正面から描く以上、どうしても中途半端にやりたくありませんでした」
「技術は追いつかないこともあるけれど、真心だけは自分の持てる最高のものをつぎ込んだつもりです」

と語っている

   ファンからは「リアルすぎて涙が溢れました」「前から亮平さん好きでしたが今回で大好きになりました」「凄い役作りだなぁと思っていました」と声が寄せられている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中