朝ドラ「まれ」いびり先輩・柊子!素顔は関西弁でおっとり・・・初めてのトーク番組出演にガチガチ可愛い
<土曜スタジオパーク>(NHK総合)

印刷

   連続テレビ小説「まれ」に出演中のドランクドラゴン鈴木拓と柊子がゲストだ。2人は横浜編でヒロイン・希(まれ)の先輩パティシエを演じている。

   この番組では5月は「スペシャルIN石川」として、ヒロイン役の土屋太鳳(つちや・たお)と能登の同級生たち(門脇麦、山﨑賢人、高畑裕太)、4月は希の同級生の父親役を演じているドランクドラゴン塚地武雅とガッツ石松が出演した。月イチで「まれ」関係者が出ていることになる。そんな宣伝に力を入れるより、肝心の中身をテコ入れしたほうがいいような気もするが。

   それはともかく、興味をもったのは希をいびる先輩スーシェフ矢野陶子役の柊子が、実はヒロインのオーディションで最終審査に残っていたという話である。柊子がヒロインになっていた可能性もあったということか。その柊子、役柄とは180度違い、初めてのトーク番組に緊張してか細い声で、しかもおっとりとした喋り方なのにびっくりした。奈良県出身で時折出てくる関西弁が可愛い。

   熱狂的な阪神ファンで、キャンプも見に行き、時間があれば球場に足を運ぶという。いちばん驚いたのはまだ23歳ということ。1本調子で演技に深みがないなあと思っていたが、23歳なら仕方がない。背伸びして頑張っていたのかと、好感度が上がった。(放送2015年6月20日13時50分~)

(白蘭)

採点:0
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中