「耳すま」雫役の本名陽子「元気な女の子を出産しました。全てを揺るがす大きな出来事」

印刷

   映画「耳をすませば」(スタジオジブリ)のヒロイン「雫」を演じた声優の本名陽子は6月23日(2015年)に出産を報告した。

「予定日より数日早めではありましたが、元気な女の子を出産しました」
「その場にいる人たちを笑顔で満たしてくれるとってもユーモラスで可愛らしい子です」

   出産というライフイベントについて

「どちらかというと変化やチャレンジを好んで選択してきた私ですが、これほどまでに全てを揺るがす大きな出来事はなかったかもしれません」

と書き、

「一言では表現しきれない感情が込み上げてきて早3日。奇跡をかみしめながら大切に育てていきたい」

と語っている。

   妊娠中に代役をお願いしたり、降板した作品があったといい、

「そんな中支えてくださったファンやスタッフの皆さまに心より御礼申し上げます」

と述べた。

   ファンからは「しばらくはゆっくりしながら子育てライフを楽しんでください」「降板などで大変な選択だったのですね」「きっと良い子になりますね!」とコメントが寄せられている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中