梅雨明け遅く猛暑!エルニーニョ現象で今年は不安定な夏空

印刷

   気象庁が24日(2015年6月)に発表した3か月予報(7~9月)をもとに、番組の気象予報士、尾崎朋美が今夏の空の見通しを解説した。梅雨明けは遅くなり、8月に入っても夏空は不安定で晴れる日が少なくなるという。9月には秋雨前線の影響で雨が多いという。

   原因はエルニーニョ現象だ。例年なら、太平洋高気圧の勢力が強まって梅雨前線を押し上げて梅雨明けとなるが、今年は太平洋高気圧の張り出しが弱く、梅雨前線が居座る日が続くという。

   尾崎「梅雨明けが遅れても、暑さは平年並みか暑いと予想されています。万全な熱中症対策が必要です」

文   モンブラン
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中