黄門様3年半ぶりに帰ってくる!2時間スペシャルで四国・高松まで漫遊

印刷

   黄門様が3年半ぶりにひと晩だけ帰ってくる。29日(2015年6月)にTBS系が2時間特別番組「水戸黄門スペシャル」(よる9時)を放送する。黄門様は里見浩太朗、助さん格さんも昔と同じ原田龍二と合田雅吏だ。

   黄門様は甲府から大坂をへて四国・高松へ向かう。讃岐高松藩主・松平頼常は光圀の息子だが、奇行が目立ち領民を苦しめているという噂が流れていたからだ。息子をいさめるために出かけたのだが、裏に筆頭家老らの陰謀を嗅ぎつける。そこで飛び出す「この印籠が目に入らぬか!」。時代劇の定番中の定番、楽しみだ。(テレビウォッチ編集部

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中