2019年 7月 20日 (土)

しまなみ海道「亀老山展望台」カップル南京錠危ない!重みでワイヤー切れた

印刷
ロート製薬『セノビック』500円モニター募集!

   パリのセーヌ川ポンデザール橋の欄干にカップルが愛の証としてかける南京錠で重みで、橋が危険なことになっていると話題だが、日本の展望台でも同じようなことが起こっている。

   しまなみ海道の絶景が楽しめる「天空の橋」として有名な愛媛県今治市の「亀老山展望台」も南京錠だらけになった。番組スタッフが市職員の案内で備品倉庫に訪れると、そこには南京錠が山のようになっている。展望台Bデッキにある転落防止のワイヤーに吊り下げられていたものだ。

今治市が撤去!1000個で120キロ

   南京錠が吊り下げられるようになったのは10年ほど前で、ある雑誌が「永遠の愛が成就する聖地」として紹介したのをきっかけに流行するようになった。その重みでワイヤーが切れるなどのトラブルが発生し、先週、市が撤去した。

愛も錆びつく

   小松靖アナがその南京錠をスタジオで見せた。「50個で6キロもあるんです。これを1000個撤去したそうです」

   約120キロというわけだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中