錦織圭「不安指数80」ウインブルドン2回戦進出したが・・・初戦で大苦戦

印刷

   テニスのウィンブルドン選手権の錦織圭とシモーネ・ボレリの試合は3-2で錦織が2回戦へ進んだ。試合前、錦織は「タフな相手ですよ」と話した通り、ボレリはミスを連発しても崩れない。第3セットでは錦織は痛めた左足のふくらはぎにダメージが生じたのか、メディカルタイムをとった。

   第3、4セットは錦織のミスが目立ったが、6-3、6-7、6-2、3-6,6-3でボレリを下した。

次の相手はコロンビアのサンティアゴ・ヒラルド

   ゲスト出演した元プロテニスプレヤーの沢松奈生子は「軸足に力が入らないなという感じがしましたね。決まったんだけど、決り切れていない。苦し紛れともいえます。ちょっと不安だなあ」と話し、「不安指数80」と書いたフリップを掲げた。

   2回戦の相手はサンティアゴ・ヒラルド(27歳、コロンビア)。4月23日のバルセロナオープンでの錦織が2-0で圧勝しており、これまでの対戦成績は6勝1敗だ。沢松は「何の問題もないです」と太鼓判を押したが、それも左足ふくらはぎの不安指数が「50ぐらいに減っていれば」の話という。

文   モンブラン
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中