2018年 8月 21日 (火)

林久子さん63歳「パワーリフティング世界記録」更新!一般の部に出場してトータル325キロ

印刷

   63歳の日本人女性がパワーリフティングで世界新記録を達成した。今月(2015年6月)、フィンランドで行われた世界クラシックパワーリフティング選手権大会に出場した兵庫県加東市の林久子さんだ。

   パワーリフティングは、バーベルを肩に担ぎあげるスクワット、仰向けにバーベルを持ち上げるベンチプレス、手を伸ばしたまま引き上げるデッドリフトの3種目のトータルで競う。林さんは高齢者が参加するマスターズ部門ではなく、若い人も参加する一般の63キロ級に出場した。小柄で若くみえる林さんだが、最年長だった。

手術リハビリで始めた筋肉強化

   まずはスクワット。「うおーっ」と声を上げ120キロを見事に成功した。ベンチプレスは70キロ、デッドリフトは135キロをそれぞれ上げ、トータルで325キロを記録した。残念ながら最下位の15位だったが、60代としては世界記録だった。

凄いです

   林さんがパワーリフティングを始めたのは46歳のときだった。幼稚園の先生だったが、声帯にポリープができて一時期声を失った。そのリハビリに勧められたのがパワーリフティングだった。筋肉を鍛えたせいか、声が元に戻った。

   53歳で退職してからは365日練習した。いまもほぼ毎日ジムでトレーニングしている。

「私は運動は苦手でした。みなさんにもお勧めします」

   司会の加藤浩次「才能があったのでしょうが、46歳から始めたとは凄いですね」

   五百田達成(作家・心理カウンセラー)「何事も始めるのに遅すぎるということはないということですね。日本の60代は若いですから、スポーツの分野で世界最高記録をつくってもらいたいですね」

   加藤「俺も46歳だからといっておれないですね」

   林さんはもともと運動は苦手だったそうで、「そんな私でも世界記録を達成できました。みなさんにもお勧めします」と話している。

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中