選手より新国立競技場!?巨額建設費ねん出で削られそうな強化予算

印刷

   2020年の東京五輪などのメインスタジアムとなる新国立競技場は、当初1625億円とされた工費が最低でも2520億円かかることになった。北京五輪やロンドン五輪のスタジアム建設費(それぞれ430億円、650億円)と比べても非常に高額だ。

   新国立はスタジアムの上にかかる2本の巨大なキールアーチを「つくるのだけでも大変」(司会の羽鳥慎一)で、この部分だけで1500億円かかる。

2本の巨大アーチに1500億円

   2016年東京五輪の招致推進担当課長だった鈴木知幸さんは、スポーツ振興基金やスポーツ振興くじ「toto」の収益が新国立競技場建設に注ぎ込まれることで、アスリートの競技力向上のための資金、強化費などが減ることを危惧している。totoの収益は本来、スポーツ全体の振興費として設定されていたが、法律を変えて5%までを新国立競技場に使えることになり、さらに収益の10%まで認める動きになっているという。

いらないですよ

   鈴木さん「メダル取れなくなるかも」

   優木まおみ(タレント)「かっこいいスタジアムのために、(選手のための金を使うのは)本末転倒ですよね。納得いかない」

   赤江珠緒キャスター「キールアーチいらないです」

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中