砂川啓介「あれがサインだったのか・・・」妻・大山のぶ代の認知症気づいてやれなかった悔しさ
<サタデー・プラス>(TBS系)

印刷

   小堺一機、丸山隆平(関ジャニ∞)、小島瑠璃子の3人がメインMCをつとめる。土曜の朝は旅とグルメの情報番組が多いが、「サタデー・プラス」は健康とお金に特化していて実用度が高い。この日の健康は「初期サインで早期発見 家族で防ぐ認知症SP」で、認知症を患っていると公表した大山のぶ代の夫・砂川啓介に取材し、再現VTRを交えて大山が認知症になるまでや現在の暮らしぶりなど見せた。
   砂川が大山の認知症を公表したのは、彼女の症状を発表することで認知症の早期発見に役立てばという思いからで、「ついさっきの出来事なのに忘れてしまう」「何度も鍋を焦がしてしまう」「ささいなことでも怒ってしまう」など、振り返れば、あれが「認知症」のサインだったかということがあったと話す。
   物忘れ外来の医師も出演し、「財布などものを盗まれたと騒いだことがある」「同じものが必要以上にたくさんある」「最近、おしゃれに興味がなくなった」など認知症初期のサインを紹介していた。
   さらに、俳優・梅宮辰夫が「もの忘れドッグ」を初体験する。「孫に父親がいないので、彼女が大学を卒業するまでは自分が元気で生きてやりたい」と語る。散々、心配を掛けられた娘の次は孫と、梅宮の悩みは尽きないようで、お父さんはつらいよといった感じ。(放送2015年6月27日8時~)

(白蘭)

採点:1
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中