「マスコミつぶせ」の大西英男議員カエルの面になんとか「個人的には間違ってない」

印刷

   またまた問題発言である。先週の自民党若手議員の勉強会「文化芸術懇話会」で「マスコミを懲らしめるには広告収入がなくなるのが一番」などと発言して、党執行部から厳重注意処分を受けた大西英男衆院議員(東京16区)がきのう6月30日(2015年)、改めて「マスコミを懲らしめようという気がある」と語り、再び厳重注意された。

自民党・二階総務会長「言いたい放題を言っていいというものじゃない」

   きのうの衆院本会議後、記者団の取材に応じこうしゃべった。「日本の国を過(あやま)てるような、そういう誤った報道をするようなマスコミに対して、私は広告は自粛すべきじゃないかと個人的には思いますよ。だけど、政治家として政治権力を使うとか、政党の力でそういうことをやるというのは、民主主義の根底をゆるがすことですよ。こらしめようという気はあるんですよ。一部のマスコミですよ。だって社会的制裁をうけていない。これは何らかの国民的な方法を考えていかなきゃいけないな。それについて百田尚樹先生(作家)にご意見を伺ったということです」

tv_20150701152823.jpg

   自らの勉強会での発言については、「問題があったとは思わない」としつつも、「今後は誤解を受けないように発言を慎んでいきたい」と話した。

   自民党の二階俊博総務会長は「言いたい放題を言っていいというものじゃない」と批判し、民主党の枝野幸男幹事長は「繰り返し『言論の自由を侵害するつもりはない』と言いながら、結果的に与党の議員がこうしたことをおっしゃれば、どういう影響があるのかまったく理解されていない」と切り捨てた。

「個人の意見」「与党政治家の立場」分けられるのか

   司会の加藤浩次「大西議員は個人的にはこう思っているけど、政治家としてはこうしますというように言っている。こういう言い方は通用するんでしょうか」

   宮崎哲弥(評論家)「私見と政治家としての見解を分けるというのはわからないことはないが、記者団に囲まれて発言するのは与党の政治家として見解を求められたことになるのだから、谷垣幹事長が与党政治家は言いたいことを言えばいいという責任の浅いものではないといっていましたが、幹事長の言葉を深く受け止めるべきですね」

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中