2018年 9月 24日 (月)

放火想定外!?新幹線3つの弱点!高い気密性、スプリンクラーなし、こもる煙

印刷
tv_20150701160706.jpg

   司会の羽鳥慎一「新幹線は火災に対して弱点があると思い知らされましたね」

   きのう30日(2015年6月)に東海道新幹線で起きた「放火自殺」では、多数の死傷者が出た。鉄道ジャーナリストの梅原淳さんは3つの弱点があったという。

   ひとつは新幹線は気密性が高く、換気装置のみで排気を行っている。また、建物にあるようなスプリンクラーがない。「本来はあるべきだが、水をまくと別の電気火災を引き起こすおそれがあるため、電車全般で採用されていません」

   そして、煙は上へ上がっていくが、車両内の給気口は上部にあって、排気口が下にあるため、煙が出ていきにくい構造になっているという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中