箱根山噴火活動レベル3!「温泉のお湯が来ない」仙石原や強羅の70軒

印刷

   箱根山の噴火活動が確認され、警戒レベルが「3」に引き上げられたが、仙石原や強羅など周辺の温泉街でも異変が広がっている。おととい6月30日(2015年)の地震後、このうち70軒の「湯」が止まってしまったのだ。大涌谷の源泉から各旅館に配湯する管が壊れてしまったらしい。

リゾートマンション「湯船に1滴の湯もありません」

   阿部祐二リポーターが訪れた仙石高原のマンションでは、大浴場に「休止中」の張り紙があった。6月29日午前11時ごろから湯が出ない状態がつづく。浴槽の前で伝える。「漂ってくるはずの硫黄の臭いがしません。湯は1滴もありません」

厳しいです

   温泉水をボイラーであたためる設備を指でこすっても、黄色っぽい粉がつくばかりで臭いがまったくなかった。管理人の石本義昭さんは「温泉が来ないと被害甚大です」と困惑している。

灰色だった硫黄泉が赤く変色

   ここでは5月から変化があったという。硫黄泉のため白っぽい灰色がかった湯だったのが、5月6日に警戒レベルが「2」に引き上げられた直後から赤く変色した。成分が変わったのか、供給パイプを清掃できなくなり硫黄が付着したせいか、原因ははっきりわかっていない。石本さんは「今の時期はにぎわってワイワイやっていました。今は人もいない」と話す。

   温泉供給会社は規制地域内に入れないため修理ができず、復旧のめどは立っていないという。

   司会の加藤浩次「厳しいですね」

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中