錦織圭ウインブルドン棄権!「歩いても走っても痛い。落ち込んでます」

印刷
「残念なニュースが入ってきました」

   前夜からわかっていたことなのに、司会の夏目三久は大げさに伝える。錦織圭選手がテニス・ウィンブルドン2回戦を棄権したというのだ。錦織は会見でこう語った。

「ウォームアップをしていたが、歩いても走っても(左足ふくらはぎが)痛かったので、棄権することにしました。グランドスラムなので落ち込んでいます。1回戦の試合中も痛く、とくに第5セットの時が痛く、自分でもどうやってプレーを続けて勝てたのかわかりません。アメリカシーズンまでに調子を取り戻し良いプレーをしたいです」

8月の全米オープンまでに回復するか

   「毎日が錦織」と意気込んでいたスポーツ担当の石井大裕アナもガックリだが、「勇気ある撤退ととらえていいと思います。今回は、手ごたえとして準決勝あるいは決勝で戦うモチベーションで臨んでいたから、本人が一番悔しいはず。まだまだ先があると判断したのでしょう」と話す。

残念です
残念です

   グランドスラムを締めくくる8月の全米オープンに期待したい。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中