奈良の連れ去り女児保護!ミニバンに乗せてた無職26歳男を現行犯逮捕

印刷

   奈良県香芝市で小学6年生の少女(11)が連れ去られた事件で、発生から32時間たったきのう6日(2015年7月)夜、警察は少女を保護し、橿原市南八木町の無職・伊藤優(まさる)容疑者(26)を監禁容疑で現行犯逮捕した

   少女はおととい午後2時ごろ家族4人でリサイクルショップに買い物に来ていて、1人で駐車場の奥にあるトイレに行き、行方が分からなくなった。トイレには右足のサンダルが残され、キャーという悲鳴を従業員が聞き、不審な紺色の車が走り去るのを目撃していた。

容疑者自宅周辺では不審者情報20件

tv_20150706120203.jpg

   警察は公開捜査に踏み切るとともに、防犯カメラの映像などから車種を突き止め500台をしらみつぶした。きのう午後9時すぎ、リサイクルショップから5キロ離れた大和高田市の交差点で、後部座席に少女を乗せたミニバンを発見した。少女は両手首を結束バンドで縛られていたがケガはなかった。

   伊藤の自宅は逮捕地点から約5キロ、リサイクルショップから10キロにあり、周辺では子どもが声をかけられるなどの不審者情報がこの半年間で20件寄せられていた。

   司会の加藤浩次「防犯カメラが大きいですね。警察は早い対応だった。結束バンドでつなげられていたというから、遅れていたら大変なことになっていました」

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中