2018年 8月 21日 (火)

裁判官は中学同級生だった「こんなところで会うなんて残念」に強盗犯大泣き

印刷

   アメリカ・フロリダ州で先月(2015年6月)に行われた裁判で、意外なドラマがあった。強盗容疑で有罪判決を受けた被告に裁判官が話しかけ、2人は中学の同級生だったことがわかったのだ。裁判官は「こんなところで会うなんて残念です」「更生を願っている」と話し、被告は大泣きとなった。

学業優秀、スポーツ万能で奨学金も受けてたのに

   中学当時のアーサー・ブース被告は学業優秀、スポーツ万能で奨学金を得るほどの生徒で、「優秀で才能にあふれ、フレンドリーで愉快な人物」(被告のいとこ)だったという。

   小松靖アナ「じゃあ、なんでこんな転落人生になってしまったのか」

   高校卒業後、仕事が上手くいかず、職を転々としているうちにドラッグや窃盗、強盗といった犯罪に手を出すようになったという。

   コメンテーターの住田裕子(弁護士)「日本でもこういうこと(裁判官と被告が同級生)はあるんでしょうけど、裁判官は気づいても多分言わないと思います。今回の裁判官も不公正でないように、公判の最後に言ってますね」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中