平野綾「アニメデスノの時、ミサミサのコスプレしたまま救急車で運ばれたことがあったなぁ」

印刷

   声優の平野綾(27)は7月6日(2015年)、ドラマ「デスノート」(日本テレビ系)が始まったことを受けて、2006年に放送されたアニメ版でミサミサ役を演じていた頃のエピソードをブログで語った。

「ドラマのデスノが始まったことにより、アニメでミサミサやってた頃の写真がネットにいっぱい貼られています。便乗させていただき・・・・」

とミサミサのコスプレをした時の写真を公開。

   放送当時は19歳だったと書き、

「怖い!19歳怖い!若い!!」

   アニメが終わったあと、コスプレした姿で番組に出演したといい、

「その撮影中に倒れて救急車で運ばれて、このメイクだったから『顔色が分かりません!』ってツッコミされたのだけは朦朧としながらも聞いていました」

お金がなく、栄養失調と肝臓の不調だったらしい。

「当時は凄かったなぁ。痩せすぎ」

   アニメを見ていた人からは「今になって凄い反響ですね」「なつい画像ですねぇ」「本当に可愛くてイメージにピッタリでした」

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中