さんま誕生会ごときで4時間半SPとは呆れた!師匠や恩師ダシに使う失礼千万・・・視聴率最下位も当たり前だ
<さんまでっか!? TV>(フジテレビ系)

印刷

   還暦を迎える明石家さんまの誕生日当日、4時間半も費やして「さんま誕生祭」を開催した。前半はさんまとマツコがロケに出てバーベキューをする。畑で野菜を収穫し、市場でエビやサザエなどを買い、ホームセンターでバーベキューセット一式も購入した。その様子を「ホンマでっか!?評論家軍団」が見て、2人の人間性や相性診断をする。後半は生放送で、さんまをよく知る著名人がスタジオに集結し、さんまのエピソードを語りあうというものだった。
   前半はともかく、後半の生放送部分はグダグダ過ぎて途中で疲れてきた。大阪から生中継し、さんまの師匠・松之助と恩人・桂文枝が出てきたが、二言三言しゃべっただけで終了。佐藤浩市や星野仙一も同様で、こんな扱いは失礼過ぎやしないか。飯島直子だけが特別扱いというのも納得がいかない。最後にSMAPが登場したが、キムタク以外はさんまのことをあまりよく知らないとかで、この際だからさんまに聞きたいことをなど意味不明で、構成がダメ過ぎる。
   この時間帯には、日本テレビ系、TBS系も4時間スペシャル番組を放送した。日テレ系「ザ!世界仰天ニュース」の平均視聴率は13・8%、TBS系「SASUKE 2015」が10・7%で、フジは10・4%と最も低かった。内輪話と業界話でグダグダやるだけで視聴率がとれる時代はとっくに終わっている。視聴者は忙しい。フジのバカ騒ぎになどつきあっていられないのだ。(放送2015年7月1日19時~)

(白蘭)

採点:0
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中