マツコもう御用済み?本人より達者なアンドロイド!漫才やったり怪談で怖がらせたり・・・
<マツコとマツコ>(日本テレビ系)

印刷

   「世界初のアンドロイドバラエティー」ということで、大阪大学の石黒浩教授が開発したマツコそっくりのアンドロイドロボット「マツコロイド」が活躍する。ただでさえマツコの番組が増えているのに、アンドロイドまで作ってどうするんだと文句を言いながらも、毎週見ていたらこれが結構面白い。
   このマツコロイドは、「アジア太平洋国際広告祭」メディア部門シルバー賞、「ニューヨークフェスティバル」ブランデッドコンテンツ部門ブロンズ賞、「カンヌライオンズ国際クリエイティビティ・フェスティバル」プロモ&アクティベーション部門ブロンズ賞と、数々の賞をとった世界が注目するアンドロイドなのである。これらの賞がどういうものかは知らないが、受賞の模様は近々番組で放送されるということで、楽しみにしておく。
   この日の放送では、マツコロイドが女子高生20人を前に怪談を披露するという企画で、島田秀平とエハラマサヒロがサポート役をつとめていた。手相占いの島田とものまね芸人のエハラがなぜ一緒にと疑問に思ったが、彼らはいま稲川淳二のような怪談の語り部でもあるらしい。芸人も生き残るために必死なのである。
   先週はナイツと漫才をし、今週は怪談。マツコロイドがやれることがどんどん増えてくる。そのうちマツコは不要なんてことになるかも。(放送2015年7月4日23時~)

(白蘭)

採点:1
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中