「ひまわり8号」自慢は鮮明な気象映像!のはずが・・・あれれ、ボケボケだよ

印刷

   気象衛星「ひまわり8号」がきのう7日(2015年7月)午前11時から本格運用が始まり、自慢はカラー画像と日本付近では2分半に1回という頻繁な撮影によるスムーズな影像だ。

   気象予報士の尾崎朋美がインタビューしたJAXA(宇宙航空研究開発機構)の堀川康技術参与は、「カラー映像で夏の緑や冬の雪化粧など日本の四季が見られるのではないでしょうか」という。

tv_20150708143702.jpg

   司会の夏目三久「気象庁のホームページで『気象衛星』とクリックすると簡単に見られるんですよね」

   さっそくやってみせたが、あれ! 画質が大幅に劣化し、とても四季の移り変わりを見るどころではなかった。気象庁に聞くと、ホームページに立ち上げる段階で画質が落ち、受信するパソコン環境でさらに落ちるという。鮮明な画像が見られるのは、気象庁が提供するテレビ画像だけだったか。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中