この罰当たりめが!お墓のステンレス「花立て」170個ごっそり盗難

印刷

   寺や墓地からも金属類が盗まれる事件が増えているが、埼玉県秩父市の秩父市聖地公園で今月(2015年7月)4日から5日にかけて、墓石などに花を供えるためのステンレス製の花立てが170個なくなっているのが確認された。被害総額は85万円になる。

   聖地公園は広大な敷地に14430基の墓があるが、人目に付きにくい場所の花立てが集中して持ち去られているよいう。花立てにはネジ式と落とし込み式があり、盗まれたのはすっぽりと抜ける落とし込み式のものがほとんどだ。

ガードレール・パイプ、消火ホース・ノズル、防災センター避雷針なども泥棒

   公園管理事務所の関根建夫所長は「何回か下見をしたようですね。墓参りに来て、お花を生けるものがないというのは本当に悔しい思いをされると思いますので、犯人の方にはすぐに返してほしいと強く思います」と話すが、イタズラで持去ったわけではないだろうから、戻ってくることはまずないだろう。

   小松靖アナ「人目につかなくたって、仏様には見えてますよ。ホントにタワケ者と思いますけどね」

   このほか、これまでに「モーニングバード!」が伝えてきた金属窃盗には、ガードレールのパイプ(鉄)、消火ホースのノズル(真鍮・アルミ)、防災センターの避雷針(銅)などがある。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中