西内まりやスタイル抜群だけで務まるか?賑やか脇役陣の中の主役・・・芝居硬いしキラリ閃きもなし
<ホテルコンシェルジュ 第1回>(TBS系)

印刷

   ホテルとか病院とか、不特定多数の人が集まる空間はドラマにしやすい。その中の「萬(よろず)相談引き受けます」的なコンシェルジュに目を付けたのは悪くない。ヨーロッパによく旅行していた筆者の経験からいうと、あちらの一流ホテルのコンシェルジュは大体が白髪交じりのリュウとした紳士が多い。客と対応して位負けしないためである。ところがこのドラマでは新米のお姉ちゃん。

   ホテル・フォルモントのコンシェルジュ1日目の天野塔子(西内まりや)は初日から走り回る。鼻持ちならない金持ちの客、ファッションデザイナー海宝(鈴木保奈美)の誕生日パーティーの花を急遽変更してくれと言われる一方、生花業の男が長年付き合ってきた恋人にサプライズでプロポーズする会場の手助けにも奔走する。金持ち客は傲慢な夫と小さい息子との板挟みで幸せではなく、生花業の男の恋人は、もう結婚を諦めようとしてリムジンバスを頼む。

   何があっても笑顔で対応し、客に「NO」といえないコンシェルジュの厳しさをこれでもかと羅列するのが第1回。ホテル総支配人(高橋克典)やヘッドハンティングされてきた女(若村麻由美)や、部屋係の亜里砂(夏菜)、老舗旅館から引き抜かれてきたコンシェルジュのトップ(尾美としのり)など賑やかな脇役の中で、大抜擢の西内まりやは、スタイル抜群だが、まだまだ硬いし余りキラリとした閃きもない。主役で疾走中、転ばぬように気を付けろ。

(放送2015年7月7日22時~)

(黄蘭)

採点:0
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中