TBS系「天皇の料理番」ドラマ視聴率トップで終了!最終回は17・7%

印刷

   TBSテレビ60周年記念ドラマ「天皇の料理番」(日曜よる9時)の最終回が12日(2015年7月)に放送された。90分の拡大バージョンで平均視聴率は17・7%とこれまでの最も高かった。瞬間最高は天皇に退任のあいさつをする午後10時21分で、20・3%と20%を超えた。

   12話を通しての視聴率は14・94%で、春ドラマの中ではテレビ朝日系「アイムホーム」の14・82%を上回ってトップとなった。今年のドラマの中でも最も高い。TBSドラマの低調ぶりが言われるが、カネと手間暇をかけたいいドラマを作ればみな見るということだ。(テレビウォッチ編集部

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中