やり過ぎ番宣で「内閣支持率」低下が心配!新ドラマ「民王」エンケン総理
<遠藤憲一の総理が愛した(秘)名店お忍びツアー>(テレビ朝日系)

印刷

   池井戸潤原作の新金曜ナイトドラマ「民王」は、総理大臣と息子の心と体が入れ替わるファンタジックコメディだとか。その新ドラマで総理大臣を演じる遠藤憲一が、総理の気持ちを理解するために、歴代総理大臣の愛した店を巡るツアーを敢行するのがこの番組の趣旨で、ようするに番宣番組だ。
   エンケン総理のお供をするのは、MC・進行役の南海キャンディーズ山里亮太と菊地亜美、ほかにドラマの共演者、本仮屋ユイカ、菅田将暉、知英(ジヨン)、なぜか杉村太蔵の顔もあった。
   麻生太郎の御用達、青山の「テーラー森脇」に四谷の地酒専門店「鈴傳」、小泉純一郎が通い続けた高輪台のラーメン店「壇太」と気分転換に通う「ザ・プリンス パークタワー東京 ボウリングサロン」などを紹介した。普段、バラエティにはめったに出ない遠藤だが、ボウリング対決に負けて菊地亜美相手に壁ドンを披露したり、カラオケで矢沢永吉「チャイナタウン」を熱唱したりと、それなりに頑張ってはいた。新ドラマを見てもらおうと必死なのだろう。
   にしても、最近、この手の番宣でまるごとひとつの番組にしてしまうパターンが増えてきた。途中に見どころ映像を挟み、新ドラマの宣伝をたっぷりできて、テレビ局にはいいことづくめにも思える。でも、視聴者にしてみれば、すっかり見た気になってしまい、スタートする頃にはどうでもよくなってしまうこともあるから危険だ。(放送2015年7月10日23時15分~)

(白蘭)

採点:0
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中