「夜間熱中症」注意!気温下がっても室内は暑いまま・・・寝ているうちに重症化

印刷

   各地で猛暑日が続き、夕方から明け方にかけて発症する夜間熱中症が増えている。昼間に壁などが熱せられ、夜になって戸外の気温が下がっても、室内は高いままのことがあるからだ。

   江東病院副院長の三浦邦久医師は「熱中症は昼間より夜間のほうが要注意」と話している。寝入っているうちに重症化したり、酒を飲んで寝て、本当は熱中症なのに二日酔いと勘違いしやすいという。

室温28度以下、湿度70%以下、寝る前にコップ1杯の水

   熱中症を防ぐには、室温28度以下、湿度を70%以下に保つこと、寝る前にコップ1杯の水を飲むことが大切だという。

   尾木直樹(教育評論家)「知りませんでした。気をつけます」

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中