女性ブリーダーかみ殺したオオカミ犬!ヒグマ追い払うために飼育―北海道遠軽町

印刷

   「衝撃的なニュースです」と小松靖アナウンサーが伝えたのは、北海道遠軽町の犬の飼育施設で、50代の女性が「オオカミ犬」に噛まれて死亡した事件だ。オオカミ犬はオオカミと犬を掛け合わせた犬で、一般的な犬よりも大きく、警戒心が強いのが特徴だという。遠軽町ではヒグマが出没するため、この施設ではヒグマを人里から追い払うためのパトロール犬として飼育していた。

胸、腹、両腕を噛まれ、一部の骨露出

   女性はオオカミ犬4頭が飼われているフェンス内で死亡しているのを、警察官が見つけた。胸、腹、両腕を噛まれ、一部の骨が見えている状態だったという。

   女性はこの犬の飼い主の知り合いで、業界でオオカミ犬のブリーダーとして良く知られているという。飼い主は出張中の餌やりなどを女性に頼んでいて、女性を噛んだ犬は女性が子犬のころに育てていた犬と見られる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中