「台風11号」大雨あす夕方まで注意!関東甲信越も突然のドシャ降り

印刷

   台風11号は四国、中国地方を横断して北上中だが、きょう17日(2015年7月)未明から朝にかけて和歌山県串本市で熊野川が氾濫し、これからもあす18日夕までに250ミリの大雨が予想されている。

注意してください

   司会の加藤浩次「串本などは暴風圏をはずれているのですが、どうして大雨になったのでしょうか」

   気象予報士の松並健治「台風は時計と反対回りですから、東側(進行方向右側)に湿った空気が流れ込み、激しい雨になりやすいんです。あした午前中にかけては川の氾濫や土砂崩れに注意してください」

   関東甲信越でも明け方から激しい雨となった。きょうも警戒が必要だという。11号はあさって日曜日には日本海で熱帯低気圧に変わる見通しだが、「進むのがゆっくりだから、風雨がずっと続きます」(加藤)

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中