2018年 8月 20日 (月)

メキシコ麻薬王「最強刑務所」脱獄!通気口、照明、トロッコもあったトンネル

印刷

   今月11日(2015年7月)、メキシコの麻薬王ホアキン・グスマン受刑者が最強の警備を誇るアルティプラノ刑務所から脱獄して、現在も逃走中だという。その際に掘ったトンネルがこのほど公開されたが、まるで映画のような大脱走だった。

総延長1・5キロ!ビル建設で出口カモフラージュ

   脱獄時の監視カメラの映像を見ると、グスマンは独房内をウロウロした後、カメラの死角になっているシャワースペースに移動、そのまま姿を消してしまった。後に看守らが調べると、シャワースペースにはポッカリと大きな穴が空いていて、外部へ通じる地下トンネルの入り口になっていた。

感心してはいけない

   そのトンネルの規模がハンパじゃない。深さ10メートル、総延長なんと、1・5キロ。トンネル内部の高さは1・7メートル、幅80センチ、通気口や照明設備もあり、掘削作業に使われたトロッコやバイクも残されていた。さらにトンネルの出口には立派なコンクリートの建物まで建てられていたのだ。

   麻薬組織に詳しい慶応大学非常勤講師の山本昭代氏が言う。「収監された直後から出口になった土地が買われ、そこに建物が建てられています。収監されてすぐに脱獄計画は始まったようです」

   グスマンは過去にも1度逮捕され、このときも脱獄に成功している。13年も逃亡を続け、去年(2014年)2月、再び逮捕されたばかりだった。

   小松靖アナ「前回の脱獄は刑務所内の洗濯物を入れるカートに隠れて外に出たことになっています。しかし、本当は看守ほぼ全員にお金を配り、看守の制服を着て堂々と正面玄関から出ていったことが後に出た暴露本で明らかになっているんです」

国民的人気!逮捕時には抗議デモや有名歌手が応援ソング

   グスマンが麻薬取引で稼ぎ出した資産は約1000億円。脱獄に使った資金は前回は3億円、今回は60億円とも言われている。

   小松アナ「いまも逃走中ですが、再び捕まえるのは困難と言われています。なぜなら、この受刑者は貧困層に仕事を与えたり、災害が起こったら政府よりも早く被災地に行って助けたりして熱烈なサポーターがいるんです。今回捕まったときも抗議デモが起こったり、有名歌手が応援ソングを歌っているほどなんです」

   長嶋一茂(スポーツプロデューサー)「でも、それで何人の血が流れたか。感心している場合じゃないよ」

   司会の羽鳥慎一「あれ、ちょっといい話だなと思ったけど違いますね。全然いい話じゃないですよね」

ビレッジマン
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中