2018年 9月 21日 (金)

「自撮り棒」禁止!目に余るマナー違反・・・動物園の檻の中に入れて接近撮影

印刷

   司会の夏目三久が「世界中でヒット商品になっている自撮り棒の使用に制限する動きが広がっています」と伝える。人に頼まなくても自分でやや離れたアングルで撮影できる自撮り棒は便利で良いのだが、周囲の迷惑を顧みないマナー違反やルール違反が急増中というのだ。

札幌の円山動物園「動物にとって大きなストレスになります」

   北海道札幌市内の円山動物園では、自撮り棒を長くのばして檻の中に入れ、動物を接近させて撮影する人が増加していることから、動物近づけての撮影を禁止にした。動物にとって大きなストレスになるという。

問題になってます

   自撮り棒による大バカ撮影は海外でも増えていて、ニューヨークでは84メートルの橋の上で自撮り棒を使って撮影していた男性が逮捕された。ロシアでは今年に入り、危険な場所で自撮り棒を使って撮影し負傷した人が約100人、死者も数十人出ているという。

   コメンテーターの野村修也(中央大法科大学院教授)「自撮り棒は場合によっては自己中心的な行動につながりやすく、いろんな危険を考えると、一定の規制はやむを得ない面があるかも知れません」

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中