<エイジハラスメント>(テレビ朝日系)
武井咲が爆発!「てめぇ、五寸釘ぶちこむぞ」会社内のハラスメントやっつける痛快さ

印刷

   2008年7月に発行された内館牧子の小説のドラマ化である。内館自身が10年ぶりに連続ドラマの脚本を手掛けたことでも注目だ。

   セクハラ、モラハラ、そしてエイジハラスメントとなんでもありの総合商社を舞台に、ヒロイン・吉井英美里(武井咲)がさまざまなハラスメントと闘う新人OLを演じている。

先輩女性社員から目の敵にされる若くて美貌の新人OL

   総務部に配属された英美里は事業に失敗した実家に仕送りしなくてはならず、先輩OLたちとのランチや会合をパスして、月500円ずつ出し合うコーヒーも飲まないため、社内で浮きまくり、先輩たちの不評を買う。しかし、若くて綺麗だから男性社員の人気は絶大で、会社案内の表紙モデルに起用されたり、重要な接待を任されたりで、女性社員からの風当たりはますます強くなる。じっと耐えるが、限界を超え最後に爆発!「てめぇ、五寸釘ぶちこむぞ」と啖呵を切り逆襲に出る。

   英美里の「五寸釘~」は、「水戸黄門」の印籠のような決め台詞で、毎回、理不尽な事が起こり、最後に「五寸釘~」を出して一件落着というスタイルのようだ。「ドクターX」もそうだが、こういう定型があるとわりと見やすいし、悪者をやっつけるところは痛快だ。

   正直いうと、武井咲は苦手だった。あの甘ったるい喋り方と、お世辞にも上手とはいえない演技のわりには、なぜかずっと主演ポジションに居続けているから。が、この武井はいいと思う。

   なんたって、若さと美貌ゆえに先輩女性社員たちの嫉妬を買う新入社員なのだから、並みの顔面偏差値では説得力がない。男性社員にチヤホヤされるところも含めて、武井咲クラスならなるほど納得だ。

「実はうちの会社でも・・・」2倍面白くなる楽しみ方

   2話のキーワードは「イタい!」。麻生祐未演じる総務課のベテラン社員・中里桂子は、メイクもファッションもばっちりで、サプリメントを常用して美貌を保つことに余念がない47歳である。本人は年齢を隠さないことを信条にしており、後輩社員から「年齢を隠さないのは凄い」と言われいい気になっていたが、陰では「イタい!」「ああはなりたくない!」と言われているなど、女の嫌なところ、ブラックなところなど、あるあるネタが満載。

   権威主義者で男尊女卑、弱い人間をサンドバックにしてストレス発散する総務部長・高山徹太郎に竹中直人、女性が輝く時代と女性活用路線を打ち出し女性社員人気は高いが、その実、裏がありそうな総務担当役員・権藤進に風間杜夫、セクハラ三昧の総務部次長・浅野誠に吹越満、ほかにも杉本哲太、小泉孝太郎、稲森いずみなど、脇役も充実している。

   実はうちの会社でも・・・なんて目線で見ると2倍楽しめる。大奥よりもよっぽど怖い女性社員の世界が覗き見できるドラマだ。ドロドロ恋愛モノを得意とする内館牧子が、企業を舞台にどんなドロドロを見せてくれるか、これは楽しみ。(木曜よる9時~)

くろうさぎ

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中