2018年 7月 19日 (木)

中国のクルーズ客で大賑わい!鳥取・境港「水木しげるロード」爆買い期待したが・・・

印刷

   3400人の中国人観光客が乗ったアジア最大級のクルーズ船「マリナー・オブ・ザ・シーズ」がきのう22日(2015年7月)、鳥取境港市に寄港した。クルーズ船の誘致を進めている境港は大きな期待を寄せ、地元商店街の「水木しげるロード」では、どの店も中国人向けの商品やサービスなどに工夫をこらして「爆買い」に備えたという。なかには、中国人に絶対売れるという「桃のフローズンドリンク」を出すために、40万円もかけて装置を導入した店もあったそうだ。ところが・・・。

一番売れたのは「大山鶏のから揚げ」

   中国からのクルーズ客に一番売れたのは、意外にも「大山鶏のから揚げ」だった。悪天候だったせいか、フローズンドリンクの売れ行きは伸びなかった。とはいえ、売り上げが通常の5倍に達した店もあって、地元商店は今後も中国人客に大きな期待を寄せているという。

   玉川徹(テレビ朝日ディレクター)「もう地域にとって大チャンスですよ、これ。もうどんどん中国の人にカネ使ってもらおう」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中