2018年 9月 21日 (金)

麒麟・川島、ピース綾部に同情「悔しい気持ち、痛いほどわかるよ。僕も同じ経験」

印刷

   お笑いコンビ「麒麟」の川島明(36)が7月22日(2015年)のツイッターで「ピース」の綾部祐二(37)のコンビ格差に同情している。

   相方の又吉直樹(35)が芥川賞を受賞したことで、綾部は「コンビ格差」がいじられる機会が増えている。

   川島は「わかる、わかるよ。君の気持ち。痛いほどわかるよ。僕も7年前そんな顔してたよ」と又吉の芥川賞受賞インタビューを恨めしそうに見る綾部の写真を公開した。

   川島も07年に相方の田村裕(35)が書いた小説「ホームレス中学生」が大ヒットしたときコンビ格差に悩んでいたようだ。

   川島の当時を知る人から「懐かしいですねぇ」「ホームレス中学生ん時かw」「気持ちを理解してくれる同僚がいるって幸せですね」と声が寄せられている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中