麒麟・川島、ピース綾部に同情「悔しい気持ち、痛いほどわかるよ。僕も同じ経験」

印刷

   お笑いコンビ「麒麟」の川島明(36)が7月22日(2015年)のツイッターで「ピース」の綾部祐二(37)のコンビ格差に同情している。

   相方の又吉直樹(35)が芥川賞を受賞したことで、綾部は「コンビ格差」がいじられる機会が増えている。

   川島は「わかる、わかるよ。君の気持ち。痛いほどわかるよ。僕も7年前そんな顔してたよ」と又吉の芥川賞受賞インタビューを恨めしそうに見る綾部の写真を公開した。

   川島も07年に相方の田村裕(35)が書いた小説「ホームレス中学生」が大ヒットしたときコンビ格差に悩んでいたようだ。

   川島の当時を知る人から「懐かしいですねぇ」「ホームレス中学生ん時かw」「気持ちを理解してくれる同僚がいるって幸せですね」と声が寄せられている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中