2018年 7月 21日 (土)

又吉直樹「芥川賞受賞」第1作は深い珈琲エッセイ!AGF「ブレンディ」に印刷

印刷

   『芥川賞作家』の又吉直樹(35)はきのう23日(2015年7月)、コーヒー飲料のイベントに和服姿で現れたが、記者たちの質問はイベントそっちのけで、「芥川賞後」に集中した。「何か変わったことはありますか」と聞かれて、こう笑わせた。

「おめでとうと言われすぎて自意識過剰になってもうて、コンビニで『いらっしゃいませ』っていわれてるのに、ありがとうございますなんていったりして・・・。いってねーよって顔されたりしてます。現場とかでも、言ってもらえるもんや思てるんで、『おはようございます』といった人にありがとうございます」

母親が運んできてくれたアイス珈琲

   受賞第1作となるエッセーを朗読してみせたが、印刷されているのは味の素ゼネラルフーヅ(AGF)の「ブレンディ ボトルコーヒー9本セット」。ペットボトルの飾りラップにそれぞれ違うエッセーが、「深い珈琲エッセイ 又吉直樹作」として印刷されている。

なかなか面白い

   「懐かしい珈琲カップで出された」というエッセーを自ら朗読した。「18歳で実家を出て、東京の街で暮らしはじめた」という書き出しだ。芸人にはなれたが、収入が少なくてなかなか帰省できない。やっと帰省したとき、実家は引っ越していて、「僕」はお客さま扱い。そのとき母が運んで来たアイス珈琲は、Jリーグのマスコットキャラが描かれた懐かしいカップだった。「ようやく実家を感じることができた」と結んでいる。

   司会の小倉智昭「ボトルに書けるほどの短いエッセーですが、面白い」

印税の他にもドラマ化、映画化、文庫本化で3億円?

   木下康太郎アナ「注目されるのは又吉先生の印税なんですが」といきなり生臭い。「約1億6000万円を吉本興業と折半ではないかということです。ただ、ドラマ化、映画化、文庫化されると3億円くらいになるということです」

   小倉「120万部くらいいってるんでしょう?」

   木下「(ピースの相方)綾部さんは2億円といっています」(爆笑)

   その綾部祐二がフジテレビにいたらしい。「とくダネ!」のあとの「ノンストップ!」に出演して、「大先生」に置いてけぼりを食らった悲哀を笑いのネタにしていた。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中