2018年 6月 22日 (金)

<1年前のワイドショー>みんな食べなくなったマック・・・中国「腐れ鶏肉」映像にゲーッ!1年たっても売り上げ20%減

印刷

   「そういえば、あれ以来あんまり食べてないよね」と言う人が少なくないんじゃないか。去年7月、中国・上海の食品加工工場で、カビが生えた肉や床に落ちた肉を平気でチキンナゲットなどに加工していると中国のテレビ局が伝えた。不潔を通り越して、見ているだけで気持ちが悪くなる映像で、ワイドショーは<マック、ファミマ販売中止!中国産『腐れ鶏肉』 工場従業員「食べても死なないよ」>(「あさチャン!」)、<やっぱり怖い「中国食材」大幅期限切れの腐敗鶏肉でチキンナゲット>(「モーニングバード!」)と呆れかえった。

   また、中国頼みの日本の食品事情の危うさも取り上げた。<上海「腐敗肉食品会社」ハンバーグ、ステーキも製造―日本に入って来てないか?>(「とくダネ!」)、<中国食品頼みの日本の食!防げるのか?毒入り、腐敗、期間インチキ...>(「あさチャン!」)

   マクドナルドは輸入先をタイに切り替えたが、客離れはハンバーガーなどにもおよび、<マック「チキンタツタ」販売!食べる?食べない?鶏肉イメージ回復するか>(「あさチャン!」)とワイドショーが心配した通り、いまだに売り上げは「腐れ鶏肉」騒動の前と比べて20%以上も落ち込んだままだ。(テレビウォッチ編集部

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中