2018年 7月 20日 (金)

「隅田川花火大会」350メートルから見下ろした東京スカイツリーの競争率105倍客

印刷

   おととい25日(2015年7月)の東京・隅田川花火大会には96万人が集まり、2万発が打ち上げられた。河岸の公園は人でぎっしりだったが、打ち上げ会場前のビル屋上は、オーナーの河原義朗さんが友人たちと毎年眺める特等席だ。見上げて「首が痛くなります」。終わると花火師たちに向けてお礼のライトを振り、花火師からもライトの反応が返ってきた。

   人力車に乗って、下町を熟知した車夫の案内で見物に向かうカップルもいた。「穴場」の路地やビルの谷間から大輪の花火を鑑賞した。

秋葉原ではメードやアイドルと一緒

   東京スカイツリーはこの日の入場は抽選で、105倍の確率となった。引き当てた450人が地上350メートルの展望台から花火を見降ろした。スピーカーからは打ち上げ音を流す演出もあり、「リアルでした」「近くて大きかった」と楽しんでいた。

気分いいからねえ

   2・5キロ離れた秋葉原では、メードやアイドルといっしょに花火を楽しむイベントがあり、「盛り上がっていくぞ」のかけ声が飛びかった。

   司会の加藤浩次「花火を見ると気分がいいですねえ」

   今週末も各地で大きな花火大会がある。

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中