夏休みの自由研究!福井で恐竜発掘体験・・・あの肉食竜が見つかるかも

印刷

   「恐竜王国」福井県で恐竜の化石を発掘する旅を「ピカピカ☆日本」で紹介した。福井県勝山市は「日本で最大の恐竜化石の発掘現場があります。日本で初めての肉食恐竜も発掘され、学名に福井が付いたフクイプラトル、フクイサウルス、フクイティタシ、コシノサウルス・カツヤマが生息していたのです。一般の人も発掘に参加できます」とリポーターの古原靖久(俳優)が案内した。

恐竜博物館で一般も参加

   恐竜の卵の形に似せられて建てられた勝山市の県立恐竜博物館は、世界でも有数の恐竜専門の博物館で、いまは南アジアに生息していた恐竜の化石の特別展が開かれている。

   博物館から遠くない山の段差に整地された跡がある。「ここは野外恐竜博物館で、1億2000年前の地層から恐竜が発掘されている場所です」

   山の斜面の大きな岩をパワーシャベルが割ると、断面に丸い形状の塊が見える。学生スタッフは「これは貝殻の化石です。岩にこびり付いたキラキラ光る物魚の鱗だと思います」と説明する

   鈴木崇宏アナ「一般の方が発掘に参加できるのはこちらの山の上で、白いテントの中です。手袋をして、岩の破片が当たらないようにゴーグルをして、ハンマーとミノで岩を割って下さい。岩は柔らかいので簡単に割れます」

   鈴木アナが岩を裏返しにすると、またもやキラキラ光る塊が見えた。「これも魚の鱗ですか」

   薗田鉄平研究委員「多分そうでしょう。鱗は持って帰れませんが、貝殻や植物の化石は一人1点は持って帰ることができます」

   北陸新幹線も開通し、恐竜発掘は新しい夏休みの自由研修にいいかも。。

(磯G)
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中