DV夫「殺人未遂」逮捕!シェルター退去直後の妻をクルマではねて襲撃

印刷

   DVを理由に妻への接近禁止命令を受けていた夫がおととい26日(2015年7月)、大阪府の路上で妻ら2人をクルマではね、殺人未遂の疑いで逮捕された。逮捕されたのは無職、袋谷椋哉容疑者(21)で、警察の調べに対し、容疑を認めているという。

   妻はDV被害を逃れるために、先月から約1か月間シェルターに入って、新しい住まいに引っ越したばかりだった。

   小松靖アナ「シェルターから出てすぐに夫にひき殺されそうになったわけです」(小松靖アナウンサー)

   袋谷は妻が利用していた通販業者から現住所を聞き出していた。DV被害者への支援を行っているNPO法人「女性・人権支援センターステップ」の栗原加代美理事長は「(シェルターから)退去直後こそ油断が生まれやすい」という。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中