どうやって知った?妻の避難先 「DV夫」殺人未遂で逮捕!待伏せて襲撃

印刷

   妻(21)と知人男性(21)を車ではねて殺そうとした大阪市東大阪市の無職、袋谷椋哉容疑者(21)がおととい26日(2015年7月)、殺人未遂の疑いで逮捕された。妻に対するドメスティックバイオレンス(DV)防止法で接近禁止命令を受けていたが、「待ち伏せしていたら男性と現れたのでカッとして殺してやろう思った」と供述している。

届いた荷物の送り主から転居先聞き出し

   袋谷は26日午後9時半ごろ、大阪府藤井寺市の路上で車の中で待っていたところ、妻と男性が並んで歩いてきたので後ろから2人を轢き、さらに刃物を持って襲いかかった。2人は頭などに軽いけがをした。

どうやって?

   妻は今年(2015年)1月、夫のDV被害について警察に相談し、5月にいったん収まったが、6月から再び暴力を振うようになり、今月25日にはシェルターに避難し、袋谷に内緒で新しい住まいに転居したばかりだった。事件が起きたのはその翌日だった。

   司会の加藤浩次「(妻の新住所が)どうやってわかったのでしょうね」

   レポーターの大竹真「そこなんです。夫を名乗って聞き出したと思われます」袋谷は「妻に届いた荷物の送り主に問い合わせをしたら、新しい住所を教えてくれた」と供述している。

アメリカでは自治体が郵便物引受け転送

   女性のDV被害に詳しい弁護士の望月昌子氏は、「個人情報の取り扱いの問題がありますが、夫婦のことになると悪気なく教えてしまうことになりやすいのが実情ですね。今の法制度では守りきれないので、身の安全のためには居場所がわからないようにする自衛も大切です」

   ロバート・キャンベル(東京大教授)は、自治体が代わりに郵便物を引き受けて転送するというアメリカのやり方を紹介していた。

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中