尾木ママ「中2いじめ自殺の教育長」強烈批判!「これじゃあ被害者はたまったものじゃない」

印刷

   教育評論家の尾木直樹(68)は岩手県矢巾町で起きた中学2年生いじめ自殺問題で同町の越秀敏教育長が「嫌なこともはね返す力を養わせるのも教育」と言及したことについてブログで強烈に批判している。

   「いじめ被害者の力不足を責める発想」だといい、「これでは被害者はたまったものではありません!いじめは百パーセント加害者が悪いのです!」

   矢巾町の教育委員会について「いじめ問題の認識が30年前のままです!文科省の通知や様々な報告書、いじめ防止法などしっかり学習し直して欲しいですね・・・」「こんな学校と教育委員会で子供たち大丈夫でしょうか!?心配です・・・」と書いた。

   「意味不明な根性論、忍耐論に毒された化石ですね」「間違った時代錯誤もはなはだしいです」と共感のコメントが寄せられている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中