黙ってないのは花咲舞だけ!夏ドラマ次々「視聴率ひとケタ」転落で沈黙

印刷

   夏ドラマがスタートしたが、異例ともいえる低視聴率だ。日本テレビ系「花咲舞が黙ってない」(水曜よる10時)だけは14%台とまずまずだが、他のドラマはすべてひとけた台に沈没した。日テレ系「デスノート」(日曜よる10時)は第4話10・6%と踏みとどまっているが、3話では8・7%まで落ちた。

   悲惨なのはフジテレビの「恋仲」(月曜よる9時)だ。初回から9・8%とひとけた台で、2回目も9・9%とふたケタに届かなかった。出だしから連続ひとケタとは、看板ドラマ枠の月9としてはなんとも不名誉な記録だ。前作の「天皇の料理番」が好評だったTBS系「日曜劇場」(日曜よる9時)の「ナポレオンの村」も7・4%と低調である。はたして中盤に向かって浮上してくるドラマはあるのか。(テレビウォッチ編集部

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中