大型企画「FNSうたの夏まつり」森高千里&アンジャ渡部のMCで大丈夫か?盛上げベタ証明した打ち切り心配番組
<水曜歌謡祭>(フジテレビ系)

印刷

   森高千里とアンジャッシュ渡部建がMCをつとめ、4月(2015年)にスタートしたものの、あまりの不評でてっきり7月で終了するのかと思ったが、しつこくまだやっている。
   コラボをメインとした番組だったはずが、この日の放送では、まず「デビュー35周年を迎えた近藤真彦の特集」をやった。マッチの過去映像や近況エピソード、35周年記念CDの宣伝などをしつつ、「ギンギラギンにさりげなく」「情熱☆熱風?せれなーで」「愚か者」の3曲を歌う。
   さらに「出張歌謡祭」コーナーでは、TUBEが「あー夏休み」「Beach Time」「おかげサマー」といった夏のメドレーを披露し、「名曲タイムマシーン」では1982年にタイムスリップして坂本龍一&忌野清志郎「いけないルージュマジック」、大橋純子「シルエット・ロマンス」、岩崎宏美「聖母たちのララバイ」など当時のご本人歌唱映像のほか、スタジオでは松本伊代が「センチメンタル・ジャーニー」、嶋大輔が「男の勲章」を歌うなど、往年のヒット曲だらけの懐メロ番組になっていた。
   松居直美、島崎和歌子、勝俣州和らゲストは歌うわけでもなく、ただ番組を盛り上げるために動員されたようだが、それって必要ですか。きょう29日に放送される大型特番「FNSうたの夏まつり」の宣伝も番組内でちゃっかりやっていた。MCがSMAP草彅剛からこの番組の森高&渡部コンビに変わったようだが、大丈夫なのか。(放送2015年7月22日21時~)

(白蘭)

採点:0
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中