「ゆでたまご」嶋田、キン肉マンコスプレイヤーの迷惑行為に怒り「その場にいたら即アウトにしてた」

印刷

   ガレージキットの出展イベント「ワンダーフェスティバル2015」で漫画「キン肉マン」のコスプレイヤーが問題行為を繰り返していたことが分かり、原作作者「ゆでたまご」の嶋田隆司(54)がツイッターで怒っている。

   問題のコスプレイヤーは女性コスプレイヤーのお尻を触ろうとしたり、しつこくつきまとうといった行為を繰り返し、その様子を複数のユーザーが写真付きで投稿していた。

   これを見た嶋田は「コスプレイベントでキン肉マンに扮して(全然似てないけど)こんな卑劣な行為をしてる奴がいるのか。子供や女性に優しく心に愛があるのがキン肉マン、こんな奴は締め出しじゃ!」と怒りのツイート。

   コスプレイヤーへの対応は「作者として皆さんにお詫びします。私が場所にいてそいつを見つけたら即アウトにしますが、とにかくこういう奴は作者が怒ることでかなりの効果があると思います。またどうすればよいかも考えます」と書いている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中