甘ったれ褒めまくりテレビ解説者は気が付いたか?演技直後の乾友紀子に井村・鬼コーチの厳しい叱咤
<世界水泳ロシア・カザン2015 シンクロ予選「デュエットテクニカル」以後>(BS朝日)

印刷

   井村コーチが中国に金で買われてから、ニッポンのシンクロ競技は惨敗続きだった。筆者の家では「金のために中国人に魂を売った利敵行為のオバサン」と井村の悪口をいっていた。それほどこのコーチの指導はレベルをあげる神通力を持っているのだ。10年ぶりに日本人のコーチを始めて、あっという間に選手の資質を改良した。
   予選で乾友紀子がソロで踊ったのを見たら、井村コーチが出迎えた。水から上がった乾に対して、井村コーチがニコニコ顔の表情とは裏腹に、「後半はスタミナが切れた」だか「パワーがなくなった」だか、極めて厳しい一言を与えた。甘ったれた褒めまくりの解説者と違い、さすがに鬼コーチの評は厳しい。
   ところで、シンクロスイミングを見る人たちは、何も感じないのであろうか。筆者はいつもシンクロ選手たちの表情と歩き方が気持ち悪い。妙に背中を反らし、強烈な19世紀的厚化粧で、しなしなと歩く。夜のとばりが降下りてからの隠微な世界のような雰囲気で、およそ、明るいアスリートたちの試合とは考えられない装置だ。
   まして今後はミックスデュエットなる男女混合のペアが登場する。日本人選手の安倍篤史は小さい時から競泳でも活躍していたが、今は趣味がシンクロというシンクロ漬けの青年だ。この人がまた極めつけのシンクロ雰囲気男で、ネトーッとした美男子だが声は男っぽい。裸に等しい姿で練習しているからエロっぽくなるのかい?(放送2015年7月26日15時~)

(黄蘭)

採点:0.5
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中