尾木ママ、盗作疑惑の五輪エンブレムに「使用すべきではありません」

印刷

   尾木ママこと教育評論家の尾木直樹(68)が、8月1日(2015年)にブログを更新。盗作疑惑が報じられている2020年の東京オリンピックのエンブレムについて、「東京五輪のためにも 使用すべきではありません」との持論を展開した。

   ベルギーのデザイナーが自身の作品に酷似しているとして、エンブレムに対し使用差し止め文書を送ったことについては「これよりスペインのデザインの方がもっと東京五輪マークに似ているかも知れない...」との見解を述べつつも、

「結果的に似ていただけで全く意図的ではなかったに違いありません!」

とした。

   その上で、いくら結果論であっても一度「使用差し止め請求」が出されたデザインは「五輪精神」に反するため、使用を自粛すべきだと主張。現在のデザインを撤回した上で、もう1度「公募にした方が賢明」との持論を述べた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中