日光「杉並木」次々なぎ倒したガスフロント!数十キロにわたり風速30メートル

印刷

   栃木・日光の「杉並木」が大変なことになっていた。おととい2日(2015年8月)午後に襲った豪雨と突風で、樹齢390年といわれる並木のうち20本以上が倒れ、なかには幹が裂けているものもある。原因は風だけではなかった。

   リポーターの阿部祐二がちょうどその時間、別の取材に向かうため栃木県内を車で走っていた。午後3時ころワイパーも効かないほどの雨が叩きつけ、気温が急に下がってヒョウも降った。

わずか10分ほどの間に根元からボッキリ

   杉並木は世界遺産の東照宮への参道にあり、徳川家康を祀って作られたのだから、江戸時代と明治100年でざっと390年になる。1万2500本は特別天然記念物と特別史跡に指定されている。二重の指定は他にない。教科書にも載っており、修学旅行でも必ず通る名所だ。

心痛む

   それがなんとも無惨なことになっていた。阿部は必要もないのにヘルメットをかぶって倒れた並木を見せて歩いた。直径1メートル以上もありそうな巨木が、根元や少し上のところでボッキリ折れていてる。折れるというより裂けたといった方がいいようなものもある。

   阿部は「倒れた方向はみな同じ」と伝える。裂けた口はなんとなく黒っぽい。それらがみな並木道をまたいで倒れているから、向こうがまったく見通せない。付近の住民に聞くと、風が吹いたのはわずか10分ほどだったが、雷をともなって相当なものだったという。

樹齢390年「中心部分が腐っています」(専門家)

   気象庁は「ダウンバースト、あるいはガスフロント」と新しい名前を持ち出した。ガスフロントとは範囲が数十キロと広いものをいうのだそうだ。風速は20~30メートルだったとみる。木が倒れてもおかしくない。しかし、実際に倒れたのは20本余だ。

   阿部が樹木の映像をスマホで専門家に送って見せると、「やっぱり腐ってますね」という。こういうときスマホは便利だ。「臭いを嗅いでみてください」「キノコの臭いがします」「(腐食)菌はキノコの仲間ですからね」と会話ができる。「材質腐朽菌」というのだそうだ。「樹木の中心部を食べちゃった」

   上重聡アナ「樹齢390年ですよ」

   ロバート・キャンベル(東京大教授)「もともとは防風林として作られてるんですがね。(中が腐食しているのを指して)日本列島が空洞化するのを暗示しているような。心が痛む映像です」

   先生、考えすぎだって。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中