フジ「HEAT」打ち切り赤信号点滅!視聴率3%台抜け出せない

印刷

   フジテレビ系の連続ドラマ「HEAT」(火曜よる10時)の第5話が4日(2015年8月)に放送され、平均視聴率3・4%と前話に引き続き最も低かった。スタート以来、6・6%、3・9%、4・2%、3・4%とゴールデンタイムの夏ドラマとしては最低が続いている。

   平均視聴率3%台は「打ち切り」の赤信号といわれ、2012年のフジ系「家族のうた」も3%台が続いて途中打ち切りとなった。「HEAT」も崖っぷちに立たされてしまったわけで、次回以降の視聴率によっては、フジテレビも放送を継続するかどうか検討せざるを得なくなるだろう。(テレビウォッチ編集部)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中