錦織圭ふくらはぎ故障まだ不安?ウィンブルドン以来の試合・・・ランキング95位に先取許す

印刷

   テニスの錦織圭選手がきのう5日(2015年8月)、ワシントンで行われたシティ・オープン2回戦に、ウィンブルドン選手権で棄権して以来1か月ぶりで公式戦に出場した。

   対戦相手は世界ランキング95位のジェームス・ダックワース。ランキング5位の錦織からすれば格下だが、雨で開始が遅れた第1セットは錦織のミスもあって6-7で先取された。第2セットですぐさまギアチェンジして6-1、で奪った。フットワークよく積極的に前に出て足に問題がないことを示した。第3セットは6-4とフルセットの戦いを制した。

「100点の試合とは言えません」

   石井大裕アナ「軽快です。見事です」

格のスポーツ

   錦織は試合後「100点の試合とは言えませんけど、いいところもありました。悪いところを見直して次の試合に向かいたい」と話した。

   石井「左足は大丈夫かの話は忘れましょう。左足は大丈夫だと感じました。これはもう錦織のオーラですよ」

   司会の夏目三久「世界5位のオーラですか。テニスは格のスポーツともいいますからね」

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中