火星に巨大カニがいた?NASA映像に問い合わせ殺到・・・岩の間でそこだけ色違う

印刷

   米航空宇宙局(NAS)が撮影した1枚の火星の写真が話題になっている。一見するとアメリカのグランドキャニオンのような岩場だが、写真をグッと拡大すると、岩の間に周辺とはちょっと色の違うことろがあるのだ。何やらカニのような形をしている。

専門家は「目の錯覚です」

   司会の小倉智昭「カニがいるっていうことは水があるっていうことか」

動けばねえ・・・

   内田嶺衣奈アナ「この写真をNASAが発表したところ、多くの人たちから『カニじゃないですか』と問い合わせが殺到したんです。小倉さん、何に見えますか」

   小倉「私は立場上、ヘンなことは言えませんが、カニです!(スタジオ爆笑)僕は地球以外にも必ず生物はいるという考えですから。いてもおかしくないわけでしょ」

   笠井信輔ニュースデスク「菊川さんは疑いの目でしか見てないようですが」

   キャスターの菊川怜「私は岩が変色したのかなと」

   笠井「たしかに専門家の中には『目の錯覚で見えるんですよ』という人もいるんですが、カニの可能性も低くはないと思うんですが」

   菊川「動く映像だとよかったんですが」

   梅津弥英子キャスター「大きさはどのくらいなんでしょうか」

   笠井「この岩場の中の一部ですから、かなり大きいんです」

   本当にカニかなにかの化石だったら楽しいんだがなあ。

ビレッジマン

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中